残暑酷暑

広島の注文住宅・無垢の家・リフォーム・土地活用の不動開発建設㈱です。

お盆も過ぎ8月も最終日でいよいよ9月にさしかかろうと言うのにまだまだ暑い日が続きます。

普通だとお盆明けは幾分か涼しくなるものですが、今年はもはや残暑というレベルではなく一体いつまでこの暑さが続くのだろうかと嫌気がさしますが、同時にもはや「酷暑」という言葉にも慣れてしまっている昨今、この状態が普通の状態になってしまうのだろうかとも不安になります。

お陰で?今月は体調不良が続いております…(+o+)

何かの記事で見ましたが某国際研究機関?が、この世界的な異常気象、即ち甚大な災害を引き起こすレベルの気象現象や酷暑は地球規模で2022年まで続く、と発表していました。

2020年には東京オリンピックがあり、サマータイム導入の是非について議論が交わされておりますが、そもそも東京中心部は他の都市と違い高層ビルが乱立し緑も少なく、ヒートアイランド現象も他都市とは比較にならない程で、仮に導入されたとしてもあまり意味がないのではないだろうかと個人的には思います。

いずれにせよ最近の異常気象がもはや「異常」ではなくなってきており、人間社会がそれに適応出来ていないだけなのですが、その原因が人間の利益や利便性を追求した経済活動によるものだというのは皮肉なものです。

それでも自分自身を含め身近な人の生命や健康、財産を災害によって奪われるわけにはいきません。

自分たちが引き起こしている現象なのですから、自分たちの身は自分自身で守るしかありません。

会社としても新たに防災・非常品を大量に購入しストックするようにしましたが、各家庭・個人個人でもいざという時のために防災非常品をストックしておく、避難場所や避難経路、連絡手段等を家族で共有しておく、更には定期的に訓練を行う等、自分達の身にいつ降りかかってもいいようにしておく必要があります。

もはや決して命に係わる災害がひとごとではなくなってきている事を肝に銘じるべきではないでしょうか。

それにしても暑い…

泳ぎたいなぁ~!(+o+)

 

土地のことから注文住宅、リフォームなどご質問・ご相談がございましたらお気軽にお問合せください
0120-434-940
夢ハウスについての詳しい資料をお届けいたします。資料請求はこちらから