メンテナンスしている?

下水の1回目のトラブルが7月初旬、流し台の水が流れない❗

流し台の排水管の接続部を点検すると、塩ビの配管の立ち上がり部に流し台からの蛇腹管を差し込んでいる部分から排水が逆流して床下に水漏れしている。

原因は排水管の詰まりです。長年の汚れの蓄積によるものです。半日がかりで、異物を除去しなんとか復旧。

2回目は7月下旬、朝トイレの水が流れなくなった❗

裏手の排水マンホールの付近にマンホールの蓋から溢れた下水排水が流れ出ている。

マンホールの蓋を点検していくと、曲がり角の排水桝内部が詰まっていることが判明、原因は排水桝付近に自然に根付いた雑木の根が桝の中まで入り込んで増殖、汚物と絡み完全な目詰まりしている。

原因を取り除き、復旧まで丸1日、翌日雑木を取り除き防草シートを敷き詰め作業完了完全復旧。

築30数年、その間何のメンテナンスもしてこなっかたことが1番の問題点であるが、家も定期点検を実施しないと大変なことになることを痛感した7月でした。

皆さんも怠りなく‼️

投稿 岡 本

土地のことから注文住宅、リフォームなどご質問・ご相談がございましたらお気軽にお問合せください
0120-434-940
夢ハウスについての詳しい資料をお届けいたします。資料請求はこちらから