説得力ゼロ

広島市の注文住宅・無垢の家・リフォーム・土地活用の不動開発建設㈱です。

4月もはや中旬を過ぎ、もうすぐゴールデンウィークを迎えます。

異例の10連休。おそらく後にも先にもないであろうこの長い連休をどう過ごすのか、皆さんお悩みのことだと思います。

先日のニュース番組においてのアンケート調査では、10連休に否定的な考えが4割超と、どちらかというと迷惑だという考えを持っている国民が多いことが判明しました。

確かに職種によっては仕事上での弊害等が考えられますが、これが海外だとどうでしょうか。

恐らく違う結果になっているのではないかと思います。外国、特に欧米ではオンオフの切り替えがしっかりしていて、休みはバケーションと割り切ってしっかり休んでいます。

そもそも日本人と外国人とでは休日の過ごし方の概念が違います。

私はアウトドアが好きでよく野外フィールドへ出掛けるのですが、日本人はBBQ(バーベキュー)以外にも川遊びしたりボール遊びをしたり釣りをしたり近くの施設へ遊びに行ったり…、夏の海では泳ぐのは当然として、波乗りしたりバナナボートに乗ってみたりこれまた釣りしたり…と、休みの時間なのにイベント事をみっちり詰め込んで過ごしている様に思います。折角の休みなのにかえって疲れる、という…汗

これが外国人ではどうでしょうか。

キャンプに行っても外国人は基本的にはのんびり過ごしています。もちろんBBQ等はしておりますが、読書をしたり昼寝したり、ゆったりと過ごします。そこで普段出来ないような会話や自分を見つめ直す時間を設けています。

例えば海外のリゾートホテル等でも我々日本人はプール遊びやアクティビティに勤しみますが、外国人はプールサイドやビーチサイドのパラソルの下でサングラスをかけてのーんびり読書している様な姿をみかけます。

どうも日本人は休みの日はこう過ごさないといけないという様な強迫観念があるのではないかと思います。

勤勉は国民性は大いに評価されるべきではありますが、今のこの時代、もっと肩の力を抜いて楽観的に過ごすべきではないでしょうか。

休日はバケーションとして大いに楽しみ、のんびり過ごせば良いかと思います。

若い頃は休日返上でバリバリ働き、まさに「24時間戦えますか♪」でしたが、例えばそれで優れた発想が出てくるかと言えば出てきませんでした。

身体と脳をしっかり休めるからこそ新しいアイデアが出てくるものです。

 

偉そうな御託を並べましたが、後にも先にもない10連休です。しかも暖かく過ごし易い素晴らしい時期。

しっかり楽しみしっかり休みましょう。

 

あぁ~!…何処に行って何をすればいいのだろう~…(+o+)

 

(;^_^A

 

 

土地のことから注文住宅、リフォームなどご質問・ご相談がございましたらお気軽にお問合せください
0120-434-940
夢ハウスについての詳しい資料をお届けいたします。資料請求はこちらから