「備え」あれば「憂い」なし。

広島市の無垢の家・注文住宅・リフォーム・土地活用の不動開発建設㈱です。

今日は西日本を中心に荒れた天気予報でしたが、強風な上に雨が降ったりやんだりと、確かに荒れた空模様です。

全体的に今年は空梅雨ではないかと感じておりますが、梅雨というよりは夏の天候に近い様な気がするのは気のせいでしょうか。

暑いときは暑く、寒い時は寒く、梅雨時期にはしっかり雨が降り、秋と夏は過ごし易く…というのが日本の気候でありますが、どうもそういった良き季節の移り変わりというのがここ数年は変わってきている気がします。

これも温暖化の影響なのでしょうか。昨今ゲリラ豪雨等が各地で深刻な被害をもたらしています。

 

更には日本全国で噴火活動や、それに関連があるかどうかは不明ですが各地で大きな地震が頻発しています。

東日本大震災以降、もはや大災害は決して対岸の火事ではなく、自分事として捉える必要がありますが、そうは言っても日頃の生活の中ではなかなか意識出来ないのもまた現実ではないでしょうか。

しかし日本は、言葉は悪いですが世界でも類を見ない災害大国であります。

南海トラフ地震の可能性が叫ばれる昨今、安全な地域というものはもはや存在しません。

我々一人一人が自覚し、万が一事が起こった場合はどうするのか、どの様に行動するのか。避難先やそのルートは?食料は?飲み水は?携帯が使えなくなったら情報の入手方法は?

 

万が一と述べましたが、もはや万が一でもないのではないでしょうか。

起こってからでは遅いです。一人一人の命がかかっています。家族の命がかかっています。

防災グッズを用意しておき、地震や災害が起こった際の行動、身の守り方、避難ルートや避難先、情報、緊急連絡先…等々を、日頃から家族や関係者と共有しておく事が肝要です。

 

さらには我々の業種は被害が発生した際に地域の役に立つことが出来ます。

先ずは自分たちの命が第一ではありますが、地域の為にも会社として災害時の備えを更に徹底し、行動や考え方を共有しておく必要があると痛感しております。

なかなか日頃仕事や生活に追われていると災害についての意識をする事が難しいですが、先ずはその意識を変えましょう。

土地のことから注文住宅、リフォームなどご質問・ご相談がございましたらお気軽にお問合せください
0120-434-940
夢ハウスについての詳しい資料をお届けいたします。資料請求はこちらから