見た目はそれなりに

毎年、年末になると庭木の剪定作業を行っています。

脚立を利用し足場を確保して作業を行っていますが
足場に寄っては高さがかなり高くなりおぼつかない足で作業していると、
家内が「業者さんに依頼しては?」とは言いますけど、
年中行事みたいものでまだその気にはなりません。

垣根の剪定から始まり、松の剪定まで4~5日がかりで行います。

以前はもう少し早く出来ていたように思いますけど、
最近は丸1日作業することがおっくうになり、どうしても日数がかかります。

垣根は剪定鋏で切るだけなので手間はかかりませんけど、
松は鋏でチョキチョキと言った具合には行きません。

見よう見まねで適当に鋏を入れるのですが、遠目で見た仕上がりは、
なんとなくそれらしく成っている様な気がします。


何時まで続けられるか解りませんけど、作業が出来る間はそのつもりですが、
時が経って見たら松がとんでもない形になっているかも?
その時は根元から切る様になるのではと、思いながら終了です。

岡本

土地のことから注文住宅、リフォームなどご質問・ご相談がございましたらお気軽にお問合せください
0120-434-940
夢ハウスについての詳しい資料をお届けいたします。資料請求はこちらから