秋~冬 ブースター接種

広島の一戸建て・注文住宅・無垢の家・見積り無料・リフォーム・土地活用の不動開発建設㈱です。

昼間はある程度暖かさを感じるものの、朝晩はめっきり寒くなってきました。寒暖差の激しい季節の変わり目です。体調を崩す方が多い様ですので感染予防対策を含め、体調管理を気を付けましょう。

コロナワクチンの2回接種完了率が国として75%を超えました。先進諸国の中でもトップクラスです。他国が70%の壁を突破できなくて苦労している中、自国ながら大したものだと思います。菅前総理がトップダウンでワクチン接種を強引に?進めたお陰かと思います。自治体や医療関係者等の現場の皆様はその分大変なご苦労が多かったと思いますが、改めて感謝の気持ちで一杯です。

3回目のブースター接種もいよいよ実施される事になり、改めて現場の皆さんは大変かもしれませんが、ワクチン接種が進んだお陰で新規陽性者が格段に減少してきているのもまぎれもない事実ですので、順調に3回目の接種も進むことを祈ります。

海外では接種率が鈍化した国から再び感染爆発が拡大しています。欧米諸国は自由を誰よりも大事にしますのでマスク着用やワクチン接種も個人の自由が尊重されるべきだとして抵抗感が強い人が多い様です。それはそれで尊重されてしかるべきですが、その結果として感染が拡がり自分の自由が制限される、という負のループに陥っているのもまた事実です。結局のところ反マスク・反ワクチンの考えというのは大局的な観点にたてていないのではないかと個人的には思います。

誰だってマスク生活は嫌ですし、ワクチンの副反応も怖いと思っています。しかしこの種の不自由を自分が受け入れることで社会に早く自由が戻ることを知っていますし、何より自分が感染して他人に負の影響を与えるのは良くないと知っています。

つまり社会人として自分の周りにある意味での奉仕をしようという心意気がある。反対派の人達は自分の不快感しか視界に入らない。

本当に大丈夫だろうか…というのは誰もが通る道であって、そこから社会生活を送る上で、打つことのメリット・デメリットを天秤にかけて、皆が打っているわけです。

結局反対派は誰よりも深い智慧を持ち合わせているつもりでいて、一番最初の部分で思考停止してしまっているだけではないでしょうか。

とにかくこのまま接種率も上がって、3回目も順調に進捗して欲しいものです。

好き勝手に述べましたが、話は変わって秋であります。

運動会です。晴れました。子供たちも不自由な中で、先生と生徒たちが知恵を出し合って素敵な運動会になりました。感謝。

植物公園です。

 

子供たちは頑張って何か作っていました。

 

秋ですね。

 

近場でいいので紅葉狩りに行きたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土地のことから注文住宅、リフォームなどご質問・ご相談がございましたらお気軽にお問合せください
0120-434-940
夢ハウスについての詳しい資料をお届けいたします。資料請求はこちらから