うだつの町 脇町 假屋崎省吾展

新型コロナウイルスに揺れる日本列島ですが、先週末の三連休を利用して脇町へ行ってきました。
さすがにこの時期の電車移動は怖いので 自動車移動で見たらすぐ帰るという旅でした。

脇町といえば、「うだつの町」として有名。
軒の屋根の上に、垂直に立った仕切りのようなものが「うだつ」で、
もともとは防火のためのものが、
だんだんと装飾的な要素が強まったようです

「うだつが上がらない」の語源でもありますが、このうだつを屋根にあげることができれば、
出世したという証になったということですね。

「假屋崎省吾 うだつを活ける」 というイベントは、
脇町随一の商家「吉田家住宅」の大邸宅に
大がかりな花が並び、会場は別にあと2か所あり共通券で1500円でしたが、
その値段がお安く思えるくらいの迫力ある生け花でした。

写真では伝わりづらいですが、ものすごくダイナミックで迫力ある作品ばかりでした!

着物とのコラボもあり、とても美しかったです。

全体として「蘭」系の花が多いのは、持ちがいい、という理由もあると思いますが、
開催された美馬市は洋蘭の育種、栽培でも有名な町なところでした!(あとで知りました~)
今回で13回目。興味ある方は来年是非!行くだけのことあります(*’▽’)

くりすでした♪

 

土地のことから注文住宅、リフォームなどご質問・ご相談がございましたらお気軽にお問合せください
0120-434-940
夢ハウスについての詳しい資料をお届けいたします。資料請求はこちらから