赤ヘルと”おばあちゃん” 

 広島市の注文住宅・無垢の家・リフォーム・土地活用の不動開発建設㈱ 浜 本です。

 

 あまり芳しくない結果のまま交流戦も終わり、ペナントレースに戻ってきてからも苦戦しているカープ。昨晩の9回満塁のチャンスを物にできていれば…

 

 スポーツに疎い人間としては、最近のカープ熱に圧倒されてます。広島に長く住んでいますが、何気ないコメントをしても「にわかファン」と呼ばれてしまいかねないですからね。

 

 それでもカープが1試合勝てば 嬉しい。リーグ制覇・連覇は もっと嬉しい。

 

 チケットが手に入りそうなら、喜んでビールを飲みにスタジアムへ向かいます。

 ですが最近のチケット品薄の状況。友人から声がかかっても、もっと野球好きな友人へと番手を譲っているうちに1年以上マツダスタジアムに行くこともないままでした。

 

 そんな中、先月末の交流戦終盤、声をかけてもらい観戦に行ってきました。

 

 試合は2連敗中の不穏な空気が漂う 千葉ロッテマリーンズ 戦。

 田中広輔 選手がスタメンから外れ、代わりに入った小園海斗 選手が初打席初安打で先制点。その後も順調に点差を拡げていたのに、7回から最終回までにじわじわと追いつかれ、なんとか最終回に會澤翼 選手のサヨナラで辛勝した日でした。

 

 この日の試合は、勝って欲しかった。

 観戦に行くなら当たり前じゃないかという声が聞こえてきますが、

 

 午後に、親戚の”おばあちゃん”が亡くなった日だったからです。

 

 まだ、広島市民球場が紙屋町に会った頃、血縁関係としてはすごく近いわけではなかったのですが、よく私を市民球場に野球観戦に連れて行ってくれた”おばあちゃん”。

 

 あの頃は、ユニフォームを着ているのは応援団席の人ばかりでしたよね。今のようにほぼ全席が染まるようなことはなかったですよね、しかもアウェイの赤色のユニフォームで。

 この日も、4人の友人の中でみんな赤ユニ。白ユニは私だけでした…

 

 試合によっては空席も目立ちつつ、仕事帰りのサラリーマンや、高校時代の自分もそうでしたが7回終了して入ってきた学生が席を埋め、女性ファンの数も今に比べれば少なかったですかね。

 

 でもカープはそこそこ強かった、正田・野村・緒方・前田・西山・金本・江藤、あの頃は応援歌も覚えてました。

 

 江藤選手が好きだった私は、”おばあちゃん”に買ってもらったメガホンを首から提げて、広島そごう の地下で買った 焼き鳥 と おこわ御飯 を食べて、7回表にはジェット風船を飛ばすのが野球観戦の楽しみでした。

 

 ”おばあちゃん”は隣に座っている人とすぐ仲良くなり、あるとき隣のカップルとしばらく話して盛り上がったところで「この子(私)は江藤に似とるじゃろ」と”おばあちゃん”。

 全然似てないんですがね、私が江藤選手のファンだったからでしょう。

 私もカップルもキョトンとしている最中、江藤選手がホームランを打って一緒に喜んだのを思い出しました。

 

 スポーツに詳しくないのに、カープが勝つと嬉しい。

 それを今まで「勝ってくれれば広島の経済が潤う」なんて言っていたし、思い込んでしました。

 が、広島で生まれ育って、小さい頃からカープ観戦に行く土壌があったからなんだと応援をしながら考えていました。

 

 ”おばあちゃん”は、ここ数年間は施設に入所していて、お見舞いに行くとカープの話し、少し前と昔のカープが混ざってしまっている話しをして、「ベッドから起きて、新しい球場に連れて行ってあげんといけんね」と話していました。

 

 訃報、そして通夜が翌日になったと聞き、そんな中で野球観戦いかがなものかなと思い、友人に断りを入れようかと思っていたのですが、当日がお通夜にならなかったことを縁と思い、ミニバットではなく旧型メガホンを携えて球場へ向かいました。

勝ってくれて、本当に良かったです。

これからさらに熱くなっていく時期ですが、ひきつづき頑張って欲しいですね。

 

【instagram】https://www.yooying.com/fudoukaihatsu

【Twitter】https://twitter.com/fudoukaihatsu

 

土地のことから注文住宅、リフォームなどご質問・ご相談がございましたらお気軽にお問合せください
0120-434-940
夢ハウスについての詳しい資料をお届けいたします。資料請求はこちらから