想像以上

広島市の無垢の家・注文住宅・リフォーム・土地活用の不動開発建設㈱です。

この度の西日本豪雨により犠牲になられた方には衷心よりお悔やみ申し上げますとともに、被災された皆様方にお見舞い申し上げます。我々も可能な限りの支援を行っていくとともに、被災地域の方々には一日も早い復旧がなされますようお祈り申し上げます。また被災されて避難生活を余儀なくされている方々の一刻も早い復興をお祈り申し上げます。

幸い会社としては大事はありませんでしたが、お取引先様や顧客の方に被災された方々がおられましたので、担当者が各々各所に飛んで支援に取り組んでおります。

私は豪雨が起こった週に甚大な被害が起こった倉敷市真備町の店舗へ、復旧依頼がありましたので4人で行ってまいりました。

ダンプ2台に分乗し、1台には重機を乗せて向かいました。

その様子をお伝えしたいと思います。

・前日。

物資(水や食料等)を確保しなければならないと予想されていたので簡易トイレなどの災害グッズの入手とともに会社の近場のホームセンターやスーパーを回りますが、水は尽く売り切れ・品切れ。これには困りました。何とか買えた数本のミネラルウォーターと会社のストックがあったので助かりました。スコップや猫車、防塵マスクや復旧作業に必要なものをまとめて購入。

・1日目~最終日。

朝4時に会社を出発。

山陽道は通行止めなので中国道~岡山道経由で現地入り。結局5時間かかりました。

真備町に近づくと想像以上の被害の大きさに茫然としました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジュンテンドー真備店様に到着。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

想像以上に酷い状況です。天井まで浸かった跡が見られます。

何処から、何から手を付けて良いか全く分からない状態ですが、兎にも角にもベースを設営して作業開始。

中にダンプ及び重機が入らないので、先ずは手作業で外売場を撤去します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駐車場には災害派遣の自衛隊の皆さん。御苦労様です。

給水車も。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この後被災者の方が沢山給水しに来られてました。

何とか外売場の右半分の物を撤去し、ようやく重機の出番。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初日はここまで。

正直言って想像以上の体力気力を消耗。暑さでこむら返りや頭痛といった熱中症寸前まで何度も陥る状況で、更には粉じんやヘドロ、農薬等の化学薬品あるいは鶏糞牛糞などの堆肥が充満した凄まじい臭気の中での作業は防塵マスクなどは全く役に立たず、一般住宅の作業とは違った辛さがありました。

休憩しては作業、休憩しては作業…の繰り返しで決して効率は上がりませんが二次被害を抑えるためには仕方ありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

疲労困憊です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

唯一の楽しみは昼食。

とは言ってもインフラは全てやられていますし、周辺店舗も被害にあっているので、持参したレトルト食品が中心です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

疲れた身体には何を食べても本当に美味しく感じます。実際美味しかった!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一日目が終わる事には全身泥まみれ、汚物まみれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一番気を遣ったのは二次被害。熱中症は勿論のこと、建材や商品が天井まで持ち上げられてぶら下がっていたりする状況で危険を伴いましたし、何より天候。休憩の度に天気予報をチェックしたり雨雲レーダーをチェックしましたが、真備地区は携帯も繋がりにくい状況で、広島にいる人間にこちらの天気予報を教えて貰ったりしながらの作業。

そして3日間の内、2日がともに夕方から雷雨注意報が発令されたので、ギリギリまで作業して発令と同時にすぐに作業を中止し撤収。

幸い今回は新倉敷のホテルが取れていたので幸いしましたが、フロントへ行く度に白い目で見られました。どれだけ自分たちが凄まじい臭気を放っていたのか…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

分別して撤去。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

臭気を出しそうな撤去物にはシートを被せます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外売場と軒下の右半分は何とか撤去完了。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

軒下左半分、及び店内は危険を伴うので入れず。というよりも3日間でここまでが限界でした。

重機1台であとは基本的に全て手作業での人力ですので無理もありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

逆に3日間でよくもここまで片付いたなというのが本音です。

協力業者様を含め全員が一丸となって文字通り死に物狂いで疲労困憊になりながら頑張った結果です。本当に有難うございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道中も恐ろしかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして3日間でタイヤが何本もいかれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

敷地内に散らばっていた釘や変形した金属棒が何本も…。

低速で恐る恐る帰路に付きました。

 

被災地の復興はまだまだ相当な時間がかかるでしょうし、未だ見つかっていない行方不明の方もおられます。

我々に出来る事は限られておりますが、「できることを、できるときにやろう」。この気持ちで支援をしていきたいと思います。

 

また今回の災害は決して他人ごとではありません。会社としても個人としても災害が起きて当たり前、という感覚を持って常に備えておかなければなりません。

土地のことから注文住宅、リフォームなどご質問・ご相談がございましたらお気軽にお問合せください
0120-434-940
夢ハウスについての詳しい資料をお届けいたします。資料請求はこちらから