被爆桜

広島市の建設・リフォーム・夢ハウス 不動開発建設㈱の山本です

 

広島市中区の安田学園キャンパス内にある被爆桜は今年も綺麗な花をつけていました。

 

年々幹が傷んで、枝が減って来ている気がしますが・・・それでも立派に咲いていました。

 

ソメイヨシノの寿命は、通常60年から80年といわれ、ほかの被爆桜はほとんど枯れた為

 

安田学園の桜は、大変貴重な存在だと聞かされました。

 

安田学園はもともと、爆心に近い南寄りの場所にあって校舎全壊・焼失し、

 

戦後に爆心から2.1キロの現在地に移転、旧陸軍の工兵隊の跡地で、

 

何本かの樹木が残っていて、ソメイヨシノはその内の1本だそうです。

 

原爆により安田五一理事長ほか教職員13名及び生徒328名が犠牲になりました。

 

キャンパス内には原爆死没者の慰霊碑が有り、犠牲となった職員と生徒の名前が刻まれています。

 

その慰霊碑横の桜が大きく特に綺麗なのでこちらも撮って来ました。

 

 

被爆桜です。

 

 

 

 

 

 

 

慰霊碑横の桜

 

 

 

 

 

 

この写真の撮影日は、平成30年3月31日(土)で・・・

 

実は今日4月7日(土)中学校の入学式が有ったのですが・・・

 

昨日の雨と風のせいで桜はすっかり散っていました。・・・残念!

 

土地のことから注文住宅、リフォームなどご質問・ご相談がございましたらお気軽にお問合せください
0120-434-940
夢ハウスについての詳しい資料をお届けいたします。資料請求はこちらから