千年前から変わらぬ技法

住宅を10年でダメにするか、100年以上持たせるかは湿気対策で決まる

耐 久

家の全てを支える土台は「最上級のヒバ材」樹齢10 0 0 年

昔から土台は「クリ・ヒバ・ヒノキ」といわれるように、家を支える土台には「目詰まり(年輪の細かさ)」と「殺菌作用」が重要。中でも夢ハウスのヒバ材は最上級。1000年の時間をかけ細かく重なった年輪は堅く締まっており、家全体の荷重を支える大きな役目を担っています。また、床下の湿気が多くなると、ヒバ特有の成分「ヒノキチオール」が殺菌効果を発揮し、シロアリや腐朽菌から家を守ります。住宅の土台としては、これ以上の材はないほど最も適した材料といえます。

心地よい空気

従来工法の4 倍の床下換気

丸型換気孔は高床式を参考に開発しました。一番通気の良い、基礎の中央部に孔をを設置。
従来工法と比較すると4倍の床下換気を可能にしています。風が多く通ることで床下に湿気がこもるのを防ぎ、木材を長持ちさせます。

優れた通気工法

壁の内部に通気層を確保し、通気性を高めることで結露を防ぎ、湿気による躯体の劣化を抑えます。基礎上からのぼった空気は、壁・屋根を経由し棟から排気されるので、空気がよどむ心配がありません。住まいの耐久性に大きく貢献しています。

夢ハウスの4つのこだわり
無垢健康 震度6にも耐える 耐熱・遮熱 永く住まう
施工事例 施工事例
土地のことから注文住宅、リフォームなどご質問・ご相談がございましたらお気軽にお問合せください
0120-434-940
夢ハウスについての詳しい資料をお届けいたします。資料請求はこちらから